全身脱毛を行う際の痛みについて

スタッフが親切な方が多かったこともあり安心して全身脱毛を受けられました

また、お手入れを受けはじめた初期の頃は全身に濃い毛がたくさんあったことで、それだけ光がムダ毛に反応していたのか、強い痛みや火照りを感じることも多かったのですが、ムダ毛が減ってきたと実感するようになってからは、だんだんと痛いと思うことが減ってきました。
私は光脱毛の他にも、ニードルを使った脱毛も経験していますが、光は光で部位により痛いと思うこともあるものの、ニードルと比較するとまだ耐えられる程度のものであると言えます。
ニードル脱毛はとにかくしっかりと脱毛効果がありましたが、その強烈な痛さに自然と涙が出てくることもあり、耐え難い経験でした。
そこまでしてでも綺麗にムダ毛を無くしたいと当時は思っていましたが、脱毛サロンの光を使った方法で十分綺麗になるため、今思うとあそこまで痛いことを我慢することもなかったのかもしれないと思うこともあります。
そのことを考えると、通常脱毛サロンで採用されている光を使った脱毛方法による痛みは何とか我慢できるものです。
もちろん、痛いことに強い人、弱い人がいたり、個人の毛質により感じ方も異なるため、我慢できるものであると言い切ることはできません。
しかしながら、光の照射量を調整してもらうことで、痛いと感じることが減ったりするため、我慢せずにスタッフの方に相談をして、上手にお手入れを続けていくことが大切であると感じています。
脱毛のお手入れは一回やったらそれで終わりではなく、一定の期間をあけて何度も何度も根気よくサロン通いをしてお手入れを継続しなければなりません。
無理せずに長く続けているためには、苦痛に感じることを我慢せずに、自分の許容範囲で続けていくことが重要です。
私は全身脱毛をするにあたり、各部位全部で12回以上のお手入れを受けているため、時間がとてもかかりました。
はじめの頃は痛かったものの、サロンの雰囲気がとても良く、スタッフが気さくで親切な方が多かったこともあり、お手入れ中は痛いということに神経を集中させず、気分を紛らわすためにも世間話をしてくれたり、色々と気を使ってくれたこともあり、なんだかんだ言って楽しくお手入れを受けることができました。

全身脱毛をする前に不安に思っていたこと : スタッフが親切な方が多かったこともあり安心して全身脱毛を受けられました